ニュース
» 2015年08月05日 11時58分 UPDATE

孫社長、Sprint売却を否定

ソフトバンクグループの孫社長は8月4日、Sprintを売却する意思がないことを明らかにした。

[ITmedia]
photo 孫社長=2013年

 ソフトバンクグループの孫正義社長は8月4日、傘下の米携帯大手Sprintの決算を説明する電話会見に出席し、同社を売却する考えがないことを明らかにした。

 ロイター通信は、孫社長の電話会見出席を「サプライズ」と伝えた。

 Sprintは契約数でT-Mobileに抜かれて4位に転落し、4〜6月期は約2000万ドルの最終赤字に陥るなど苦境にある。米当局の反対でT-Mobileの買収に失敗するという誤算が響いており、ソフトバンクが撤退するとの見方も浮上していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -