ニュース
» 2015年09月04日 19時10分 UPDATE

東証がみずほ証券に107億円支払い 誤発注問題、判決が確定

ジェイコム株式の誤発注問題で、東証がみずほ証券に賠償金107億円を支払う判決が確定した。

[ITmedia]

 みずほ証券がジェイコム(当時)株式の誤発注をめぐり、東京証券取引所に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は9月3日、東証とみずほ証券双方の上告を棄却した。東証に約107億円の支払いを命じた東京高裁判決が確定した。

photo 東証のコメント

 誤発注問題は2005年12月に発生。東証のシステム不備で損害を受けたとして、みずほ証券は東証に約415億円の賠償を求めて06年10月に提訴した。一審の東京地裁判決は東証の注意義務違反を認め、東証に107億円の賠償支払いを命じ、二審判決もこれを踏襲した。

 東証は2010年3月期に訴訟関連損失として132億円を計上済みで、判決の確定が親会社・日本取引所グループ(JPX)の連結業績に与える影響は軽微だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ