ニュース
» 2015年10月08日 11時24分 UPDATE

ローソン、社員の肥満改善へ目標設定

ローソンが社員の健康推進に向け、数値目標を定めた。

[ITmedia]

 ローソンは、社員の健康推進に向け、社員の肥満などを改善する数値目標を定めた。玉塚元一社長が「CHO」(チーフ・ヘルス・オフィサー)に就任し、経営として社員の健康作りに取り組む。

 数値目標では、肥満(BMIで25以上)とされる男性社員を2015年(見込み)の37.8%から2018年に27.7%と、約10ポイントの改善を目指す。脂質や血圧、血糖値などでも目標を設定した。

 人事本部に「社員健康チーム」を設置。健保、労組と連携して健康施策を展開していく。

photo 数値目標を設定=ニュースリリースより

 同社はコーポレートスローガンとして「マチの健康ステーション」を掲げており、顧客の健康生活サポートとともに社員の健康も重視。「健康は、本人だけでなく家族を含めた望みであり、会社の発展にとっても欠かせない要素」として、経営レベルで取り組む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
news018.jpg
「ハリポタ」「ファンタビ」Pに聞く:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -