ニュース
» 2015年10月19日 15時34分 UPDATE

株式ウォッチ:Gunosyが年初来安値 時価総額200億円割れ

ニュースアプリ運営のGunosy(東証マザーズ)が一時890円を付けて年初来安値を更新。

[ITmedia]

 10月19日の株式市場で、ニュースアプリ運営のGunosy(東証マザーズ)が一時890円を付けて年初来安値を更新。終値でも前週末比47円安(-4.98%)の896円に沈んだ。

 4月28日に新規上場。急速にダウンロード数を伸ばしたニュースアプリ企業として注目が集まり、5月7日には2140円の年初来高値を付けたが、5カ月で半額以下になった計算だ。19日終値ベースの時価総額は196億円と、200億円を割った。

 同社が9月30日に発表した2015年6〜8月期の決算(単体)は、売上高が8億8000万円、営業利益が4700万円と前年同期比で増収増益を果たしたものの、前四半期からは減収減益にとどまった。16年5月期通期では営業利益で前期比6倍の1億9000万円を見込んでいるが、市場はあまり評価していないようだ。

photo Gunosyの業績推移=決算説明資料より

 ニュースアプリをめぐっては、SmartNewsやYahoo!JAPANアプリなどとユーザーの奪い合いになっている中、Twitterが純正アプリで「ニュース」タブを本格的に展開し、Googleもニュースアプリ「Google Play Newsstand」を日本でスタート。AppleがiOS 9で追加した「News」アプリを今後日本で展開する可能性もあり、競争は激化している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ