調査リポート
» 2015年10月23日 12時09分 UPDATE

“事故物件”に住むことができますか

あなたは事故物件に住むことができますか? 首都圏に住む20〜30代の男女に聞いたところ……。オウチーノ編集部調べ。

[ITmedia]

 「事故物件」という言葉をご存じだろうか。一般的には自殺や他殺、火災による焼死など、建物内で人が亡くなった“ワケあり”な物件を指す。通常よりも安く取引されるケースが多いが、事故物件に住んでもいいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。

 首都圏に住んでいる20〜30代の男女に聞いたところ「事故物件に住んでもいい」と答えたのは18.7%、「住みたくない」が47.5%であることが、オウチーノ編集部の調査で分かった。「住んでもいい」と答えた人を男女別でみると、男性25.0%、女性12.3%と差が出た。

yd_jiko1.jpg (出典:オウチーノ編集部)

 「住んでもいい」という人に、その理由を聞いたところ「何があったか詳細は知りたいと思うが、家賃が安ければいいと思う」(男性27歳)など、家賃が安ければ気にしないという声が目立った。一方「住みたくない」と答えた人からは「例え何もなくても、気分的に滅入ってしまいそうだから」(男性33歳)、「縁起が悪そうだし、何か見えてしまいそうで怖いから」(女性25歳)という理由が多かった。

家賃が安くなったら

 家賃がいくら安くなったら、事故物件に住んでもいいと思いますか? この質問に対し、「1万円」が6.3%、「2万円」が6.0%、「3万円」が10.0%、「4万円」が4.0%、「5万円以上」が14.5%、「いくら安くなっても住みたくない」が48.4%だった。合計すると、40.8%の人が、家賃が安くなるなら事故物件に住んでもいいと思っていることが分かった。

yd_jiko2.jpg

 ちなみに「事故物件に住んだことがある」という人は、わずか6.9%。

 インターネットによる調査で、首都圏に在住している20〜30代の男女500人が回答した。調査期間は10月9日から12日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ