連載
» 2015年11月30日 07時30分 UPDATE

大田昌秀の「日本を背負って立つリーダーたちよ」:その後の人生を変えた沖縄戦 (1/3)

かつて沖縄県知事として日本政府や米国政府と何度も激しい議論を交わした大田昌秀氏。その大田氏が語るリーダーシップ論とは――。

[大田昌秀,ITmedia]

 僕は1990年から8年間、沖縄県知事を務め、沖縄の代表として尽力してきました。しかし、意外に思われるかもしれませんが、若いころには、自分からリーダーになろうとか、人の上に立ちたいとか、そういう気持ちはまったくありませんでした。

 長い人生の中で、さまざまな経験を通して、あるいは、運命のいたずらによって、最終的に沖縄のリーダーとして立ち上がることになったのです。

 数回にわたって、僕自身の半生を振り返りながら、「真のリーダーシップとは何か」について考えてみたいと思います。

今でも悔しい思いをしている

 1945年3月26日、沖縄戦が始まりました。当時、沖縄には12の男子中等学校と10の女学校があり、そのすべての学校から10代の生徒が鉄血勤皇隊として戦場に駆り出されました。19歳だった僕も戦場に送り込まれました。

大田昌秀氏。1925年生まれ。沖縄県久米島出身。1990年〜98年に沖縄県知事、2001年〜07年に参議院議員。県知事在職中に大田平和総合研究所(現沖縄国際平和研究所)を設立 大田昌秀氏。1925年生まれ。沖縄県久米島出身。1990年〜98年に沖縄県知事、2001年〜07年に参議院議員。県知事在職中に大田平和総合研究所(現沖縄国際平和研究所)を設立

 僕らは日本軍に銃1丁と120発の銃弾、2個の手榴弾を持たされて、半袖、半ズボンで戦場に出されたわけです。なぜ手榴弾が2つだったのか。戦場では絶対に米軍の捕虜になってはいけない、捕虜になりそうだったら1つの手榴弾を敵に投げつけて、もう1つの手榴弾で自決しろ、と言われたからです。これは僕ら学生だけでなく、沖縄の一般の人たちも同様で、2個ずつ手榴弾が渡されました。

 結局、沖縄戦に参加した同級生は120人あまりいたけど、生き残ったのはわずか30人ほどでした。

 今でも悔しい思いをしているのが、通常、10代の若い生徒たちを戦場に出すには、国会で法律を作って、その法律に基づいて戦場に出さなければなりません。けれども、沖縄戦の場合、法律もないままに戦場に出されたわけです。その結果、沖縄の若者の過半数が犠牲になりました。

 沖縄戦で日本軍の司令官と参謀長が自決した日が1945年6月22日なんです。その翌日、23日に日本本土では義勇兵役法という法律ができて、男性の場合は15歳から60歳まで、女性の場合は17歳から40歳までを戦闘員、兵隊として戦場に出す法律が初めて公布されました。

 沖縄戦がほぼ終わった段階で、そういう法律ができたわけです。沖縄では法的根拠もないままに10代の若い生徒が戦場に出されました。10代という人生において最も感受性が強い時期に、無駄な死に方をさせられたのが一番悔しいです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ