調査リポート
» 2015年12月15日 16時34分 UPDATE

しっかり休めた・ガッツリ働いた会社ランキング (1/2)

就職・転職のためのリサーチサイトを運営しているヴォーカーズは12月15日、「2015年 しっかり休めた会社・ガッツリ働いた会社ランキング」を発表した。

[ITmedia]

 就職・転職のためのリサーチサイトを運営しているヴォーカーズは12月15日、「2015年 しっかり休めた会社・ガッツリ働いた会社ランキング」を発表した。サイトに寄せられた現役社員の有休消化率を基に、今年1年「しっかり休めた会社」「ガッツリ働いた会社」ランキングを集計した。

 しっかり休めた会社ランキングをみると、本田技研工業の研究開発を担う「本田技術研究所」がトップ。「本田技研工業」は7位にランクインしたほか、自動車部品などを扱う「ボッシュ」(5位)、「トヨタ自動車」(13位)、「ダイハツ工業」(19位)、トヨタグループである「アイシン精機」(16位)、「アイシン・エィ・ダブリュ」(23位)、「日産自動車」(25位)と自動車関連メーカーがトップ30に8社ランクインした。

 NTTグループが上位に食い込んでいて、「NTT東日本」が2位。以下「NTTコムウェア」(3位)、「NTTドコモ」(6位)、「NTT西日本」(8位)、「ドコモCS」(9位)、「NTTコミュニケーションズ」(14位)、「NTTデータ」(17位)と、トップ30内に7社がランクインした。

 ランクインした上位企業の有休消化率は9割を超えた。サイトに寄せられた口コミをみると、共通して「労働組合の強さ」が浮き彫りに。「社員の有休消化状況を組合が管理し、管理職も含めた現場への有休取得喚起を徹底することで、有休を取りやすい環境を作っていることがうかがえた」(ヴォーカーズ)

yd_work1.jpg しっかり休めた会社ランキング(出典:ヴォーカーズ)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -