ニュース
» 2016年01月08日 18時49分 UPDATE

自販機で五輪選手を支援 JOCとコカコーラ 「国民一丸となって応援したい」

JOCと日本コカ・コーラは「JOCオリンピック支援自動販売機」を設置し、「JOCオリンピック選手強化支援プログラム with コカコーラ」を実施することを発表した。

[ITmedia]

 日本オリンピック委員会(JOC)と日本コカ・コーラは1月8日、収益の一部を寄付する自販機を設置し、リオデジャネイロオ五輪を目指すアスリートを支援するプログラムを実施すると発表した。

photo (左から)コカ・コーライーストジャパン常務執行役員の井上豊氏、JOC会長の竹田恆和氏、競泳選手の北島康介氏、日本コカ・コーラ社長のティム・ブレット氏

 リオ五輪のメッセージポスター掲示と五輪競技のオリジナルラッピングを施した「JOCオリンピック支援自動販売機」を設置。清涼飲料水を購入すると、1本当たり数円程度が日本コカ・コーラの各ボトリング会社を通じてJOCと各競技団体に寄付される。寄付金はアスリートの強化支援や五輪ムーブメントの推進に役立てるという。

 自販機1号機は12日に東京体育館(東京都渋谷区)の敷地内に設置する。リオ五輪以降も、2020年東京五輪に向けた選手強化支援のため、活動を継続する予定。20年までにJOCや競技団体の関連施設、自治体施設、学校、空港、駅などを中心に約3000台の設置を目指す。

 日本コカ・コーラのティム・ブレット社長は「私たちはこれまでもJOCと五輪の支援を行ってきたが、JOCオリンピック支援自動販売機の設置によって五輪支援の新たな1ページを開けたと思っている。この自販機を日本中に広げていき、東京五輪にも貢献していきたい」と述べた。

 JOCの竹田恆和会長は「国際舞台におけるアスリートの活躍は国民に感動と夢、そして勇気を与えてくれる。そのアスリートの活躍を大勢の力で支援していきたい」と話した。

photo JOC会長の竹田恆和氏

 発表会場にはゲストとして、競泳の北島康介選手も登場。「みんなの力で選手をサポートでき、国民一丸となって五輪に向かっていける素晴らしい取り組みだ」と話した。

photo JOCオリンピック支援自動販売機で飲み物を購入する北島康介選手

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -