ニュース
» 2016年01月13日 19時03分 UPDATE

「ココイチ」廃棄ビーフカツが一般に出回る 処理業者が不正転売

「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋が廃棄処分した冷凍ビーフカツが一般に流通。処理業者が不正転売していたという。

[ITmedia]

 カレーチェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋は1月13日、同社が廃棄処分した冷凍ビーフカツが処理業者から不正に転売され、一般流通していることが分かったと発表した。異物混入のため廃棄したもので、購入したり食べたりしないよう注意を呼び掛けている。

photo 5枚1袋で、袋には赤文字で「ビーフカツ」とあるが、CoCo壱番屋という記載はない=ニュースリリースより

 同社によると、冷凍ビーフカツは昨年9月2日に愛知工場(一宮市)で製造(賞味期限は今年1月末)。合成樹脂製の部品の破片(最大8ミリ)が混入している可能性があるとして、10月19日に4万609枚を廃棄処分とし、愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」に処理を委託した。

 カツは5枚で1袋に入っており、袋には「ビーフカツ」と表記はあるが、CoCo壱番屋とは記載されていない。だがパート店員がスーパーで買い物中に見つけ、不審に思って本部に通報。取り寄せて確認したところ、廃棄依頼したものだと判明した。調査の結果、ダイコーが転売していたことが分かったという。

 流通経路や販売先は現在調べているという。カツに混入した異物を誤って食べてしまったとしても危険有毒性分類基準には該当しないとしているが、廃棄物として扱われたことから温度管理など保存方法に問題がある可能性もあり、安全上、CoCo壱番屋以外で購入しないよう呼び掛けている。手元にある場合も食べないよう求めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ