ニュース
» 2016年01月19日 19時40分 UPDATE

クックパッド創業者が現経営陣と対立か 取締役刷新を求め株主提案

クックパッドは、創業者で筆頭株主の佐野陽光氏から取締役刷新を求める株主提案を受け取ったことを明らかにした。

[ITmedia]

 レシピサイトを運営するクックパッドは1月19日、創業者で筆頭株主の佐野陽光氏から取締役刷新を求める株主提案を受け取ったことを明らかにした。佐野氏は同社取締役を務めているが、現在の経営方針を「大きな歪みが出てきている」などと批判しており、昨年11月には社長に再び就任する提案をしていたという。

photo 国内最大のレシピサイト「クックパッド」

 クックパッドが開示した資料によると、提案株主は佐野氏(議決権の43.581%保有)ら4人。佐野氏のほか、カヤックの柳澤大輔CEOら計8人を取締役に選任するよう求めており、3月下旬に開催予定の定時株主総会に提案するという。

 佐野氏は提案理由で、同社の現状について「基幹事業である会員事業や高い成長性が見込まれる海外事業に経営資源を割かず、料理から離れた事業に注力するなど、中長期的な企業価値向上に不可欠な一貫した経営ビジョンに大きな歪みが出てきている」と批判している。

 佐野氏は1997年に同社の前身となる企業を創業。99年に現サイト名に変更し、09年には東証マザーズへ上場を果たした。12年には「世界戦略と技術開発に集中する」と社長を退任し、カカクコム社長などを務めた穐田誉輝氏が社長に就任していた。

 クックパッドは昨年9月末時点で月間利用者5576万人。14年12月期の売上高は67億円。昨年7月には、結婚情報口コミサイトを運営するみんなのウェディングを株式公開買い付けで子会社化している。

経営方針めぐり内紛か

 クックパッドによると、佐野氏は昨年11月、新しい事業プランと自らの社長就任を提案。これを受けて同社は社外取締役による「特別委員会」を設け、提案について検討したという。

 同社は昨年11月以降、特別委員会について情報を開示している。それによると、特別委は「遂行中の経営計画を推し進める事業戦略上の選択肢と、遂行中の経営計画を段階的に見直し、会員事業と海外事業に経営資源を集中していくことを中心とする2案」について検討し、現方針を遂行するよう取締役会に勧告した──という。勧告については昨年12月18日に情報を開示していたが、具体的な詳細は明らかにしていなかった。

 佐野氏は提案理由の中で「一部の取締役は唐突に特別委員会なる組織を設置し、必要性もないのに多額の費用をかけて得た専門家の意見を濫用し、公正中立を装った『勧告書』なる文書を発して現在の自らの経営を正当化するなど、当社内に不要な亀裂と混乱を生じさせている」と批判しており、取締役の刷新で社内の混乱を収束し、社内一体となって企業価値向上につながる経営を実践するために提案を提出する──としている。

 取締役刷新を求める佐野氏からの株主提案は1月8日付。同社は現取締役でもある佐野氏と取締役選任についての議案の一本化を図り、協議を重ねたが、合意に至らなかったとして、提案について開示したとしている。

 同社は15日に指名委員会を開き、佐野氏に対し提案について説明を求めたものの、「書面記載以上のことは話すことがない」としたため、取締役選任議案について何ら決定は行われなかったという。同社は「株主提案の内容をさらに慎重に検討し、再度指名委員会と取締役会を開催し、取締役会の考え方を株主に知らせる」という。

photo 佐野氏らによる株主提案の理由=クックパッドの開示資料より

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -