ニュース
» 2016年02月04日 12時43分 UPDATE

新国際展示場、愛知県・中部空港島に19年秋に開業へ 6万平方メートル

愛知県が中部国際空港島に国際展示場を建設する。

[ITmedia]

 愛知県は2月3日、中部国際空港島(常滑市)に国際展示場を建設する計画を発表した。施設面積は6万平方メートルと、東京ビッグサイト(8万660平方メートル)、などに次ぐ規模。東京五輪の影響で開催できなくなるイベントを呼び込み、年間約1500億円の経済波及効果を見込む。

photo 新展示場のイメージ=県の資料より

 大規模な展示会が開催可能な広さとして約6万平方メートルを設定。合計5万平方メートルの第1〜5ホールと、1万平方メートルの第6ホールを整備し、3000平方メートルの会議室も設ける。建物は「倉庫レベル」の必要最低限とし、建設コストの圧縮を図る。

photo 中部国際空港島に建設

 2020年の東京五輪に合わせ、国内最大の展示場・東京ビッグサイトが長期間利用できなくなる見通し。開催場所がなくなったイベント需要の取り込みを図るため、県直轄で短期間の整備を目指す。運営は民間と連携する「公設民営方式」で検討する。

 中部国際空港島は県企業庁が所有しており、敷地面積は28.7ヘクタール。新展示場に加え、需要次第で約2〜4万平方メートルの拡張も可能な敷地があり、交通アクセスも容易だとして選ばれた。

 6万平方メートルは、東京ビッグサイト、幕張メッセ(7万2000平方メートル)、インテックス大阪(7万78平方メートル)に次ぐ規模。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -