ニュース
» 2016年02月04日 17時11分 UPDATE

「お客様の中にお医者様は……」を事前に把握 JALと日本医師会が協力

日本医師会とJALが、搭乗前に医師に登録してもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始。急病人が出ても、医師の座席情報がすぐに分かり、医療対応がスムーズになるという。

[ITmedia]

 日本医師会と日本航空(JAL)は、機内で急病人が発生した場合に備え、医師資格を持つ乗客に事前登録をしてもらう「JAL DOCTOR登録制度」を開始する。同様の取り組みは、国内の航空会社では初めて。

photo

 日本医師会が発行するICカード「医師資格証」を持つJALマイレージバンク会員が対象。あらかじめWebサイトでの登録した情報をもとに、客室乗務員が医師の座席位置を把握し、急病人が発生しても、迅速な医療対応が可能になるという。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news015.jpg
世界を読み解くニュース・サロン:
news048.jpg
カルビー追うケロッグ、日清シスコ:
news041.jpg
新設工場の総投資額は1兆円相当:

注目のテーマ