ニュース
» 2016年02月18日 18時48分 UPDATE

「シブサワ・コウ」「ガスト」──コーエーテクモ、ブランド別に新組織

コーエーテクモがエンタメ事業の組織を「シブサワ・コウ」などブランドごとに再編。

[ITmedia]

 コーエーテクモホールディングスは2月18日、傘下のコーエーテクモゲームスの4月1日付組織変更を発表した。ゲームなどエンターテインメント関連事業は「シブサワ・コウ」などブランドごとに再編する。

photo ブランドごとに組織再編=コーエーテクモゲームスのサイトより

 従来のソフトウェア、ネットワーク、メディアの3事業部を統合して「エンタテインメント事業部」を発足し、その上で5つのブランドグループを新設。「ゲームソフト」「オンライン・モバイル」といた分野別組織をブランド別に再編し、意思決定の迅速化と柔軟なリソース配分を図る。

 ブランドグループは「シブサワ・コウ」(「信長の野望」「三國志」など)、「ω-Force」(「真・三國無双」など)、「TeamNINJA」(「NINJA GAIDEN」「DEAD OR ALIVE」など)、「ガスト」(「アトリエ」シリーズ、「よるのないくに」など)、「ルビーパーティー」(「アンジェリーク」「遙かなる時空の中で」など)。

 それぞれに「ブランド長」が就任し、鯉沼久史社長はエンタテインメント事業部長と「ガスト」ブランド長を兼任する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ