調査リポート
» 2016年02月25日 15時32分 UPDATE

東日本大震災で倒産した企業は1698社

東京商工リサーチは2月25日、「東日本大震災」関連の倒産状況を発表した。

[ITmedia]

 東京商工リサーチは2月25日、「東日本大震災」関連の倒産状況を発表した。震災関連倒産は、2016年2月24日現在で累計1698件。1995年の阪神・淡路大震災時には、関連倒産は発生から3年で収束し、累計314件だったのと比べ5.4倍規模になっている。

 年別でみると、2011年が544件、2012年が490件、2013年が333件、2014年が175件、2015年が141件。「2015年は震災時の4分の1に減少し、収束傾向が目立った。ただ、減少したとはいえ月平均では11.7件ペースで発生し、震災の影響から脱却できない企業がまだ多い」(東京商工リサーチ)

yd_work1.jpg 東日本大震災関連倒産震災後月次推移(出典:東京商工リサーチ)

 倒産企業で働いていた従業員は約2万7000人にのぼり、阪神・淡路大震災時の6.1倍に膨らんだ。都道府県別にみると、東京都が8856人(構成比32.8%)で全体の約3分の1を占めた。次いで、宮城県2001人(同7.4%)、北海道1323人(同4.9%)、大阪府1264人(同4.6%)、栃木県1157人、神奈川県1023人、福岡県1003人と7都道府県で1000人を超えた。

yd_work2.jpg 従業員被害者数推移(出典:東京商工リサーチ)

 また、震災で甚大な被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の被災3県の合計は3362人(構成比12.4%)。倒産企業の従業員数は正社員のみで、パート・アルバイトなどを含んでいないため、倒産企業の実質上の従業員数はさらに膨らんでいるとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ