ニュース
» 2016年03月09日 16時44分 UPDATE

東芝メディカル売却、キヤノンに独占交渉権

東芝メディカルシステムズの売却先としてキヤノンが独占交渉権を獲得。

[ITmedia]

 東芝は3月9日、子会社の東芝メディカルシステムズの売却先として、キヤノンに独占交渉権を与えたと発表した。買収総額は7000億円程度とみられる。3月18日までに最終合意を目指す。

photo 東芝メディカルのWebサイト

 東芝メディカルはMRIなどに強みを持つ医療機器メーカーで、2015年3月期の売上高は約2800億円、最終利益は158億円という優良子会社。東芝は経営再建に向けた資金確保のため、同社を売却する方針を明らかにしていた。

 買収には富士フイルムホールディングスなどが参戦していたが、日本経済新聞の9日付報道によると、キヤノンは事業重複が少なく、独占禁止法の審査が容易とみられる点などが評価されたという。東芝は「企業価値評価額、手続きの確実性などの観点から総合的に評価した結果、キヤノンの提案が最も優位性が高いと評価した」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ