Special
» 2016年03月18日 10時00分 UPDATE

売上2倍!:カシオの高機能クロノグラフ「EDIFICE」、なぜ欧州で絶好調なのか? (1/3)

カシオの腕時計「EDIFICE」が売れている。特に欧州では絶好調だという。なぜ「EDIFICE」は欧州の人に支持されているのか。理由を聞いたところ……。

[PR/ITmedia]
PR

 カシオ計算機の腕時計「EDIFICE」が好調だ。カシオには「G-SHOCK」「PRO TREK」「OCEANUS」などのブランドがあるが、欧州ではG-SHOCKに次いで売れているのがEDIFICEだ。

yd_casio1.jpg 「EQB-500D」

 EDIFICEは2000年にリリース。最初は海外向けに作られていたので、当時日本では発売されなかった。売り上げの数字をみると、特に欧州での勢いが凄(すさ)まじく、2009年から2015年までの6年間で、年間売上が2倍以上になっている。なぜ欧州の人たちにEDIFICEが支持されているのか。同社で時計のプロモーションを担当している高橋保之さんに話を聞いた。

コンセプトはSpeed & Intelligence

 EDIFICEのコンセプトは、Speed & Intelligence。先進のテクノロジーとダイナミックなデザインが融合した高機能のスポーティクロノグラフだ。

 特に販売好調なのは、2014年に発売した「EQB-500」だ。2都市の時刻を同時に表示する「デュアルダイアルワールドタイム」を搭載しており、右上ボタンを長押しすると、ホームタイムとワールドタイムの時刻表示が入れ替わる。出張や旅行で海外に移動するときや、海外から帰国するときに便利な機能だ。

 また、太陽光などの光を動力に変え、各種機能を安定的に駆動させている。このほかにもさまざまな機能が搭載されているが、その中でも最大の特徴は「スマートフォンリンク」だろう。

yd_casio5.jpg Bluetoothでスマートフォンとリンクしている

 スマートフォンリンクとは、Bluetoothを使ってスマホのアプリと連携することで、さまざまな設定が可能になるというもの。例えば、1日1回事前に設定した時刻になると、自動的にスマホと接続し、ホームタイムとワールドタイムの2つの時刻を修正してくれる。また、ワンプッシュするだけで時差だけでなく、サマータイムにも対応した時刻を取得してくれるので現地の正確な時刻に素早く修正することができる。

 また、アプリ上の世界地図や都市リストから任意の都市を選択するだけでワールドタイムの設定が可能。約300都市の時刻に素早くアクセスできるので、その都市の正確な時刻をインダイヤルに表示してくれるのだ。

 世界各国の空港でデモンストレーションを開催したときには、多くのビジネスパーソンが立ち止って、EDIFICEに興味を示した。その場で購入した人も多く、その理由を聞いてみると、やはり「複数の都市の正確な時刻を簡単に“知る”ことができるから」だったそうだ。

yd_casio2.jpg ワンプッシュで携帯電話に接続し、時刻を簡単に修正することができる
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:カシオ計算機株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2016年3月31日

CASIO「EDIFICE」

CASIO WATCH SQUARE