ニュース
» 2016年03月17日 19時02分 UPDATE

薄さ1ミリのムーブメント! 世界最薄のエコ・ドライブウオッチを発売、シチズン

シチズン時計は世界最薄の光発電エコ・ドライブウオッチ「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」を今秋、発売する。

[ITmedia]

 シチズン時計は世界最薄の光発電エコ・ドライブウオッチ「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」を今秋、発売する。搭載する新開発のムーブメントは、薄さわずか1.00ミリ、ケース厚は2.98ミリ。どちらもアナログ式光発電時計としては世界最薄を実現した。4つのモデルを用意し、価格は30万円と70万円(いずれも税別)。

yd_wa1.jpg 世界最薄のエコ・ドライブウオッチ「Eco-Drive One」(出典:シチズン)

 世界最薄のムーブメントを実現するために、同社はほぼ全てのパーツを新規に開発したという。「限られたスペースに必要な部品を収めるために、部品の構造や加工そのものを根本から見直し、さまざまなシミュレーションを繰り返し、薄型化に向けての新たな工夫を凝らした」(同社)

yd_wa2.jpg

 外装には、薄い構造でも丈夫な2つの新しい素材「バインダレス超硬合金」「サーメット」を採用。「キズや衝撃から時計を守ると同時に、時計の持つ美しさをより長く持続させる」という。

 シチズンは1978年に、アナログクオーツ時計(電池式)として当時世界最薄のムーブメント厚0.98ミリを搭載した「エクシード ゴールド」を発売。2002年にはケース厚4.25ミリ、ムーブメント厚1.91ミリを光発電エコ・ドライブで実現した「STILETTO(スティレット)」を発売。このモデルはアナログ式光発電時計として世界最薄だったが、今回の「Eco-Drive One」はその半分の薄さを実現した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
news018.jpg
「ハリポタ」「ファンタビ」Pに聞く:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -