ニュース
» 2016年03月31日 14時47分 UPDATE

JR各社、可燃性液体の車内持ち込みを禁止 酒はどうなる?

JR各社が手回り品ルールを変更。ガソリンや灯油など可燃性液体の車内持ち込みについて、量に関係なく禁止する。

[ITmedia]

 JR各社は3月31日、手回り品ルールを変更し、ガソリンや灯油など可燃性液体の車内持ち込みについて、量に関係なく禁止すると発表した。4月28日から適用する。

 従来は容器を含む重さが3キロ以内であれば持ち込めたが、昨年6月に東海道新幹線車内で放火事件が起きたのを受け、一律持ち込み禁止に変更する。事件では、放火容疑者はガソリンの携行缶を車内に持ち込んでいたとされる。

photo ルール変更=ニュースリリースより

 ただ、可燃性液体を含むものでも、酒類やヘアスプレーなど化粧品類、医薬品など日常用途に使うもので、小売店などで一般的に購入できるものについては、2リットル以内か容器を含む重さが2キロ以内なら持ち込みOKとする。

 また高圧ガス、可燃性の固体についても、カセットガスやキャンプ用固形燃料など、一般的に購入できるものであれば2リットル以内か容器を含む重さが2キロ以内なら持ち込める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集