ニュース
» 2016年04月13日 17時11分 UPDATE

「虎ノ門ヒルズ」、さらに3棟の高層ビル建設

森ビルは「虎ノ門ヒルズ」の隣接地に、新たに3棟の高層ビルを建設する計画だ。

[ITmedia]

 森ビルは4月13日、「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の隣接地に、新たに3棟の高層ビルを2022年度までに建設する計画を発表した。

 2014年6月に開業した「虎ノ門ヒルズ」(地上52階)の両側に、オフィス中心の地上36階建て(高さ185メートル)「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(仮称)と、住宅中心の地上56階建て(220メートル)「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(仮称)を2019年度完成の予定で建設する。

 桜田通りを挟んだ西側には、20年度開業予定の東京メトロ日比谷線の虎ノ門新駅(仮称)と一体開発する「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(仮称)を、22年度の完成を目指し建設する計画だ。

photo
photors_moribiru3.jpg 「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」(左)と「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」(右)の外観イメージ

 3棟の新タワーが加わり、「虎ノ門ヒルズ」は面積7.5ヘクタール、延べ床面積80万平方メートルに拡大。「オフィス、商業店舗、住居を備え、道路や鉄道などの交通インフラとも一体化した複合都市」を目指す。

photo 「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」の外観イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集