ニュース
» 2016年04月20日 17時22分 UPDATE

三菱自動車、燃費試験の不正が発覚 実際よりよく見せるデータ操作 「eK ワゴン」など4車種63万台

三菱自動車が「eK ワゴン」などについて燃費試験データを不正に操作し、燃費を実際よりよく見せていたことが分かった。

[ITmedia]

 三菱自動車は4月20日、国土交通省へ提出した燃費試験データを不正に操作し、燃費を実際よりよく見せていたことが分かったと発表した。

photo eKワゴン

 該当車種は2013年6月から生産している軽自動車「eK ワゴン」「eK スペース」と、日産自動車向けに供給している「デイズ」「デイズルークス」の4車種。3月末時点で三菱は計15万7000台を販売し、日産向けには計46万8000台を生産したという。

 該当車は生産・販売の停止を決めた。客には「誠実に対応する」という。

 同社によると、燃費試験は三菱が実施。次期車の開発に当たり、日産が該当車の燃費を参考用に測定したところ、届け出値との乖離があったため、三菱に対し、試験で設定した走行抵抗値について確認を求めた。三菱が社内調査したところ、実際により燃費に有利な走行抵抗値を使っていたことが分かったという。

 ほかの国内市場向け車両についても、国内法規で定められていたものと異なる試験方法がとられていたことが判明したという。

 状況の重大性から、海外市場向け車両についても調査を広げる。外部有識者による調査委員会を設置し、客観的で徹底的な調査を実施するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集