ニュース
» 2016年05月10日 18時00分 UPDATE

ソフトバンクの孫社長、「パナマ文書」中のグループ企業について説明

ソフトバンクのグループ企業名がパナマ文書に含まれていたことに対し、孫社長が説明した。

[ITmedia]

 公開された「パナマ文書」にソフトバンクのグループ企業名が含まれていたことに対し、ソフトバンクグループの孫正義社長は5月10日、過去の投資案件への出資によるものだと説明した。

photo 孫社長=決算説明会のライブ配信より

 国際調査ジャーナリスト連合(ICIJ)が公開したデータベースには、ソフトバンクのグループ会社が関わっていたとされる案件が2件含まれている。

 孫社長は「十数年の間に2000社近い投資や会社設立をグループで実施しており、その中でたまたま2社、1社は6000万円、もう1社は2億円の投資があったようだ」と説明。「われわれが直接設立したのではなく。孫会社の孫会社のようなものがマイノリティ出資で投資したらしい」という。

 「悪いことはしておらず、たまたま登録していただけ」と悪質な課税逃れなどは否定した。2件とも既に赤字という結果で終了しており、「税金を払うレベルの業績にも満たなかった」という。

 孫社長は「今朝テレビをみて驚いたくらい」だという。個人としては「資産はあまり興味がなく、ソフトバンクの株しか持っていない。今は節税より仕事のほうが忙しい」と、タックスヘイブンの利用などは否定した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集