ニュース
» 2016年05月13日 14時21分 UPDATE

ドコモ社長交代 吉澤副社長が昇格 「スピード感を最重視」

ドコモ社長に吉澤副社長が昇格。

[ITmedia]

 NTTドコモは5月13日、吉澤和弘副社長が代表取締役社長に昇格する役員人事を発表した。加藤薫社長は取締役相談役に退く。6月16日に開催する定時株主総会を経て正式決定する。

photo 社長に就任する吉澤氏(右)と加藤氏

 吉澤氏はNTTから分社して発足した当時からドコモに在籍し、端末開発やネットワーク、法人営業、経営企画などを幅広く担当してきた。

 会見した吉澤氏は「ドコモの技術や研究開発力を生かしたイノベーションや、多種多様なデータを活用してサービスを創造していきたい。早いものが遅いものを下すスピードの時代であり、スピード感を最も重視したい」と述べ、ライフスタイル分野の拡大や、人工知能(AI)など先端技術にも意欲を見せた。

 バトンタッチする加藤氏は「(吉澤氏とは)古くからのつきあいで、ショルダーフォンを出すときに私が課長で彼が係長だった。業務を幅広く経験し、社内に右に出るものはいない。実直な性格で、青年を思わせるほど若々しい。ますますドコモを引っ張ってほしい」と期待した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集