ニュース
» 2016年05月23日 17時31分 UPDATE

サントリー、ファーストキッチンをウェンディーズに売却へ

サントリーがファーストキッチンの全株式をウェンディーズ・ジャパンに売却する方針という。

[ITmedia]

 サントリーホールディングスが100%子会社・ファーストキッチンの全株式をウェンディーズ・ジャパンに売却する方針だと、各紙が5月23日、報じた。

 同社は「ファーストキッチンの事業譲渡に関する報道があったが、当社から発表したものではない」というコメントを発表した。

photo ファーストキッチンの店舗=Wikipediaより
photo ウェンディーズの公式サイトより。現在1店のみ

 日本経済新聞などの報道によると、売却額は数十億円で、売却後もファーストキッチンのブランドは残る見通しという。サントリーはサンドイッチチェーンの日本サブウェイ株式も手放しており、酒類・飲料事業への集中を進める。

 ファーストキッチンは1977年設立で、現在は135店舗(4月末時点)を展開している。ウェンディーズは米ハンバーガーチェーンとして1980年に日本に上陸したが、2009年に撤退し、11年に再参入。だが現在は曙橋店(東京都新宿区)のみになっており、店舗網の強化が急務になっていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集