ニュース
» 2016年06月03日 18時32分 UPDATE

大塚家具、赤字転落へ 方針転換も新しい顧客対応に苦戦

大塚家具の今期は赤字転落へ。

[ITmedia]

 大塚家具は6月3日、2016年12月期の連結営業損益が、5億円の黒字としていた前回予想から一転、15億4900万円の赤字になる見通しだと発表した。最終損益も16億6100万円の赤字(前回予想は3億6800万円の黒字)に転落する。

 売上高は前回予想から47億1400万円減の538億5100万円。前期(580億400万円)からも減収となる。

photo 「オープンな大塚家具」にリニューアルした=同社サイトより

 同社は市場環境の変化を踏まえ、新築住宅向けの高価格帯家具中心から、中価格帯の買い換え・単品買い需要を取り込んでいく形でビジネスモデルの転換を打ち出し、2月に全店舗をリニューアルオープンするなど、新オペレーション体制を本格的にスタートした。

 だが、商業地の路面店で来店客が増加するなどの効果があったものの、大きく変わった顧客対応オペレーションの熟練度が低いまま3〜4月の需要期を迎え、客数増を生かせなかったという。消費環境の変化も逆風になった。

 今後、顧客対応の熟練度向上などを見込み、7〜12月期の予想は据え置くものの、1〜6月期の苦戦が響き、通期では赤字に転落する見通しになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集