ニュース
» 2016年06月08日 16時10分 UPDATE

JR東、原宿駅の建て替え計画を公表 線路・ホーム上に2層の新駅舎

JR東が原宿駅や千駄ヶ谷駅などの改良計画を発表した。

[ITmedia]

 JR東日本は6月8日、原宿駅や千駄ヶ谷駅などの改良計画を発表した。原宿駅は線路とホーム上に駅舎を新設するなどし、混雑緩和を図る。2020年の東京五輪に向けて整備を進める。

photo 原宿駅のイメージ=ニュースリリースより

 現在の原宿駅は1924年(大正13年)に完成した木造駅舎を使用している。人気スポットの原宿や代々木公園を訪れる客で混雑することが多く、休日には入場制限することもある。

photo 原宿駅の建て替え計画=ニュースリリースより

 計画では、現在年始にのみ使っている臨時ホームを山手線外回り専用ホームとし活用。線路とホーム上に2層の駅舎を新設し、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑の緩和を図る。

 明治神宮側に「明治神宮口」を新設し、外回り専用ホームには通路を通じて竹下口改札にも接続する。

photo 千駄ケ谷駅の計画=ニュースリリースより

 千駄ケ谷駅の改良工事では、現在使用していない臨時ホームを新宿方面専用とし、改札口やコンコースの拡張で混雑の緩和を図るほか、新宿寄りに改札口を移すことで動線をスムーズにする。

 信濃町駅もホームドアの設置やエレベーターの増設・トイレの拡張を予定。3駅の工事費は総額250億円。

 有楽町、新橋、浜松町、日暮里、大井町、新木場などでもコンコース拡張やエレベーター増設などの改良を計画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集