ニュース
» 2016年06月16日 14時54分 UPDATE

「UMAMI BURGER」日本1号店オープンへ 米人気店が続々上陸、二極化するハンバーガー

米国で人気のハンバーガー「UMAMI BURGER」が今秋冬、日本1号店をオープンする。

[ITmedia]

 米国で人気のハンバーガー「UMAMI BURGER」が今年の秋冬、関東圏に日本1号店をオープンする。近年、海外発の高級バーガーが日本に相次いで進出を果たしており、安価で手軽なものというハンバーガーのイメージも変わりつつある。

photo 牛肉、チーズ、トマト、マッシュルームなどうま味が多く含まれる食材を使っているという

 UMAMI BURGERは2009年にロサンゼルスで1号店をオープン。日本語の「うま味」から名付けられ、各食材のうま味を最大限引き出すという調理法が売り。米Timeの「史上最も影響力のある17のハンバーガー」にも選ばれたという。

 国内事業は、海外ブランドの日本で展開するMEDEIROS HOLDINGS(東京都渋谷区)が手がける。関東圏に1号店を出店後、20年までに全国10店舗の展開を計画。店舗ごとに限定バーガーの販売を予定し、出店地域の特産物を活用するなど、地域に根ざした店舗展開を目指するという。

 創業者のアダム・フライシュマン氏は「UMAMIのルーツである日本に戻れることを大変うれしく思います」とコメントしている。

photo UMAMI BURGERの店内は日本文化を取り入れている

 最近になって人気の高級バーガーが相次いで日本に進出しており、昨年11月には「シェイクシャック」、今年3月には「カールスジュニア」が1号店をオープン。カールスジュニアは主力商品が単品850〜1220円と、大手ファストフードチェーンと比べると高価だが、「日本の消費者のニーズは確実に多様化しており、十分に勝機はある」とみる。

 一方で、苦境に陥った日本マクドナルドは、単品200円・セット500円の「お手ごろマック」が消費者に受け入れられ、1〜3月期に黒字転換を果たす原動力になった。ハンバーガー市場は安価で気軽なファストフードという従来のものと、ぜいたくな食材をおごった高付加価値バーガーに二極化しているようだ。

photo マクドナルド好転のきっかけになった「お手ごろマック」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集