調査リポート
» 2016年06月20日 11時33分 UPDATE

転職を検討する理由「給与」がトップ――給与交渉をしたことがある人は?

転職を検討する理由は何ですか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 転職を検討する理由は何ですか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「給与」(61%)と答えた人が最も多く、次いで「仕事内容」(49%)、「残業・休日数」(30%)であることが、エン・ジャパンの調査で分かった。

転職を検討する理由(出典:エン・ジャパン)

 転職の検討理由で「給与」と答えた人で、企業や上司と給与交渉をしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。「交渉をしたことがある」と答えたのは20%にとどまった。給与交渉をした人のコメントをみると「現状から具体的に何をどうしたら給与が上がるのか、上司と相談したことがある」「できる仕事の量を増やして給与を増やしてもらった」など、前向きに交渉している様子がうかがえた。

企業や上司と給与交渉をしたことがある人(出典:エン・ジャパン)

 一方、「交渉したことがない」人のコメントをみると、「言っても上がると思えないので時間の無駄」「閉鎖的な会社なので相談すると風当りが強くなる」「現在の会社では、昇給試験に合格しない限り、給料は変わらないので交渉する余地がない」など“あきらめの気持ち”を持っている人が目立った。

 インターネットを使った調査で、20〜50代のビジネスパーソン9320人が回答した。調査期間は4月27日から5月31日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集