ニュース
» 2016年07月07日 16時53分 UPDATE

DeNA、“無人運転バス”を8月から運用 イオンモールが試験導入

ディー・エヌ・エーは、私有地での無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を8月から運用する。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エーは7月7日、仏国の小型車製造メーカー・EasyMileと業務提携し、私有地での無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を8月から運用すると発表した。

 Robot Shuttleは、EasyMileが開発した最大12人が乗車できる自動運転車「EZ10」を利用。運転席はなく、あらかじめ地図データ上に設定したルートをカメラ、各種センサー、GPSを用いて自動で走行する。

 ルート上で障害物を検知すると、その障害物との距離に応じて自動的に減速、または停車し、危険を回避する。国内の走行可能エリアは現在、私有地のみであるため、各種公共施設内・商業施設内・テーマパーク内・工場内部などでの運用を想定している。

 8月からイオンモールがRobot Shuttleを試験導入し、同社が運営するショッピングセンター「イオンモール幕張新都心」に隣接する豊砂公園の敷地内で、同店の顧客向けに運用する予定。

 ディー・エヌ・エーは昨年5月に自動運転タクシーの運行を目指す新会社、ロボットタクシーを設立するなど、自動運転の分野に力を入れている。

photo 「Robot Shuttle」で使用する自動運転車「EZ10」
photo ニュースリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集