ニュース
» 2016年07月28日 14時45分 UPDATE

気象情報「ウェザー・サービス」が倒産 ドコモの出資企業

気象情報を提供するウェザー・サービスが事業を停止。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、気象情報を提供するウェザー・サービス(千葉県成田市)が事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。負債総額は2015年5月期決算時点で1億9659万円。

photo ウェザー・サービスのWebサイト

 1998年設立。精度の高い花粉の飛散予測情報を強みとし、2009年にはNTTドコモが花粉情報を配信する環境センサーネットワーク事業の一環として資本参加していた。

 事業拡大に向け人員を強化してきたが、労務費の増加で利益が悪化し、14年5月期以降は赤字を計上。資金繰りが悪化し、改善のめどが立たなかったという。

 これを受け、ドコモはウェザー・サービスのデータを使用した「あなたの街の熱中症予防」などのアプリを28日午後3時で終了すると発表した

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集