ニュース
» 2016年09月20日 13時11分 UPDATE

「独身で交際相手なし」過去最高 男性は7割も

独身者で交際相手がいない人の割合が男女共に過去最高――国立社会保障・人口問題研究所調べ。

[ITmedia]

 独身者で交際相手がいない人の割合が男女共に過去最高――こうした実態が国立社会保障・人口問題研究所の調査で明らかになった。

 昨年6月に自計式調査を行い、18〜34歳の独身の男女5276人が回答した。

 いずれは結婚しようと考える独身者の割合は、男性が85.7%、女性が89.3%と高い水準にある。だが交際相手がいない独身者の割合は増加しており、男性が69.8%(2010年比8.4ポイント増)、女性が59.1%(同9.6ポイント増)と、過去最高だった。

 性経験のない独身者の割合も増加傾向にあり、男性が42%(同5.8ポイント増)、女性が44.2%(同5.5ポイント増)だった。

photo 交際相手のいない独身者の割合

 交際相手との出会いのきっかけについては、「職場」「友人や兄弟を通じて」「学校」――などが上位に挙がった。

 また、結婚を妨げる理由について最も多かったのは、男女ともに「結婚資金」(男性43.3%、女性41.9%)だった。

photo 結婚への障壁

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集