ニュース
» 2016年10月20日 15時09分 UPDATE

日本にいながらにVRで海外旅行 KDDI、ナビタイムが期間限定でスタート

KDDIとナビタイムジャパンはVR(仮想現実)を活用した遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を提供する。

[ITmedia]

 「海外旅行をもっと自由に」――KDDIとナビタイムジャパンは10月20日、VR(仮想現実)を活用した遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を実施すると発表した。現地のガイドと通信できる専用のVR HMDを装着することで、日本にいながら世界各地の観光地を巡ることができる。

photo KDDIのデジタルマーケティング部、塚本陽一部長(左)とナビタイムジャパンのメディア事業部、毛塚大輔事業部長(右)

 11月3日・4日の2日間限定。旅行先はイギリス(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(シドニー)の3つを用意した。ナビタイムジャパンが提供するサービス「NAVITIMEトラベル」の特設ページ上で応募を受け付ける(10月20〜26日まで)。抽選で28組(1組2人まで)が体験でき、料金は税込1980円(1組当たり)。

 東京都・表参道の特設会場で、専用のVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と現地のガイドが持つ360度撮影カメラをリアルタイムで接続。ガイドを通じて観光スポットを巡ったり、現地の人たちと会話が楽しめるほか、買い物や写真撮影もできるという。体験時間は15〜20分。

 体験後は、VRの録画映像とスマホVR用HMD「ハコスコ」がもらえるので、旅の思い出をいつでも振り返ることができる。

 KDDIの塚本陽一デジタルマーケティング部長は「あらかじめ用意されたコンテンツを体験するのではなく、リアルタイムに観光を楽しめる部分に最大の魅力がある。買い物や写真撮影もできるので、実際の旅行の感覚の近い」と説明する。

 今後の展開については「ユーザーの意見を反映させて機能などを改善し、自宅でも『SYNC TRAVEL』が楽しめるようにしていきたい」としており、通常販売の時期は未定とした。

photo 塚本陽一部長

 「当社は以前から、遠く離れた人との心をつなぐ「SYNC PROJECT」を推進してきた。今後も、旅行というジャンルに限らず、通信の強みを生かしたサービスを展開していきたい」(塚本陽一部長)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集