連載
» 2016年11月01日 08時00分 UPDATE

世界を読み解くニュース・サロン:日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」 (1/5)

元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。

[山田敏弘,ITmedia]

世界を読み解くニュース・サロン:

 今知るべき国際情勢ニュースをピックアップし、少し斜めから分かりやすく解説。国際情勢などというと堅苦しく遠い世界の出来事という印象があるが、ますますグローバル化する世界では、外交から政治、スポーツやエンタメまでが複雑に絡み合い、日本をも巻き込んだ世界秩序を形成している。

 欧州ではかつて知的な社交場を“サロン”と呼んだが、これを読めば国際ニュースを読み解くためのさまざまな側面が見えて来るサロン的なコラムを目指す。


 最近、大麻取締法違反の疑いで逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者が、医療大麻を推進していたことが取り上げられ話題になっていた。

 高樹容疑者の暮らしぶりや変遷についてここで取り上げるつもりはないが、メディアでタレント医師が「(医療大麻は)必要ない」といったコメントをして、インターネットでも話題になった。

 もちろん大麻は違法であり、日本では絶対に手を出してはいけない。逮捕された元女優をかばうつもりもない。だが海外に目をやると、大麻の扱いが国によって大きく違うのはよく知られている。例えばオランダでは、いくつかのルールを守っている限り大麻を吸うことが許されている。

 米国では近年、大麻合法化は、大きな政治的運動になっている。ひと昔前のヒッピー文化の枠を超えて、医療大麻などが普及し、すでに数多くの州が大麻を合法にしている。

 11月8日、米国では大統領選が実施される。それに合わせて議会議員選なども行われるのだが、いくつかの州では大麻の合法化についての住民投票が行われる予定だ。アーカンソー州、フロリダ州、モンタナ州、ノースダコタ州では医療大麻の合法化について問われ、アリゾナ州やカリフォルニア州、メイン州、マサチューセッツ州、ネヴァダ州では嗜好品としての大麻使用の合法化が問われることになる。

 そもそも、日本メディアでタレント医師が言うように、医療大麻は「必要ない」のならば、米国ではなぜ合法化の議論が活発に起きているのだろうか。

 現実には、米国に「医療大麻」は間違いなく存在するし、その存在感はどんどん高まりつつある。医療大麻は日本では「不都合」なものかもしれないが、世界的には医療分野での活用だけでなく、経済にも大きく影響するなど「医療」うんぬんだけでは説明できない「真実」がある。筆者は医療大麻推進派ではないが、客観的に、米国の大麻事情とは一体どんなものなのかを見てみたい。

大麻は春から夏にかけて生育して、成長が早い(出典:厚生労働省)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集