ニュース
» 2016年11月04日 13時03分 UPDATE

EV・PHEVのオーナーにポイント付与 東電が新サービス

東電エナジーパートナーは、電動車の顧客にポイントを付与するサービスを始める。ポイントの獲得にあたっては、特定の条件を満たしている必要がある。

[ITmedia]

 東京電力エナジーパートナーは、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)を持つ顧客を対象に、電気使用量に応じてポイントを付与する「eチャージポイント」を2017年2月に始める。

photo 「eチャージポイント」のロゴマーク

 同社が今年4月の電力自由化に伴って新設した料金プラン(スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トク)の契約者で、関東・中部・関西エリアに住み、戸建て住宅に充電設備を持つユーザーが対象。

 自宅での月間の電気使用量が300kWh以上の場合、会員サイト上で300ポイント(1ポイント=1円相当)を付与。TポイントやPontaポイントに換えて利用できる。

 トヨタ自動車、日産自動車、BMW、フォルクスワーゲングループジャパン、三菱自動車工業の5社と協力し、トヨタ「プリウスPHV」やBMW「i3」など当初16車種を対象に実施する。

 東京電力はEVの急速充電規格「CHAdeMO」(チャデモ)の開発に参加するなど、EVの普及を進めてきた経緯がある。

photo サービスの対象となる料金プラン=東京電力エナジーパートナーのホームページより
photo サービスの対象となる車種

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集