ニュース
» 2016年11月11日 16時42分 UPDATE

ニッポンレンタカー、全車を先進安全機能搭載車に切り替えへ

ニッポンレンタカーは、2年かけて全車を先進安全機能搭載車に切り替える。事故を2割削減できると見込む。

[ITmedia]

 ニッポンレンタカーは11月11日、衝突被害軽減ブレーキなど先進安全機能搭載車を来年1月から順次導入すると発表した。2年かけてほぼ全車を同機能搭載車に切り替える計画だ。導入により、利用者の事故を約2割減らせると見込んでいる。

photo ALT,先進安全機能搭載車の概要。装置についての一般的な理解度は向上の余地があるという(=JAFの公式サイトより)

 来年1月以降、配備する新型車は全て先進安全機能搭載車とする。1台当たり5〜10万円のコスト増になるが、料金への転嫁はしない予定という。

 先進安全機能は、衝突被害軽減ブレーキや車間距離制御、車線逸脱警報、誤発進抑制など、ドライバーの安全運転を支援する。同社によると、客が起こした事故のうち、わき見運転や眠気による「うっかり」事故が約18%。渋滞中の追突やセンターラインオーバーなど、「先進安全機能があれば防げていたと思われる事故が多発している」という。

photo ALT,ニッポンレンタカーの公式サイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集