ニュース
» 2016年11月18日 18時29分 UPDATE

年収と歩行速度は比例する? 高所得者は平均よりも「早歩き」

高所得者に特有の生活習慣とは――ドコモ・ヘルスケア調べ。

[ITmedia]

 高所得者は忙しい?──ドコモ・ヘルスケアがウェアラブル端末のユーザーを対象に調べたところ、収入が高い人ほど速く歩いているという結果が出たという。 

 歩行速度を計測できる同社の活動量計「ムーヴバンド3」のユーザー1229人を対象に、今年3〜10月にかけてデータを集計。収入に関するアンケートも実施し、歩行データと合わせて分析した。

ALTphoto ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」=左、測定結果はアプリで確認できる=右

 その結果、「年収1000万円以上」と答えた人の平均歩行速度は時速3.13キロだったのに対し、日本の平均年収(415万円)を含む「400万〜500万円」と答えた人の平均歩行速度は時速2.69キロ。高所得者は平均的な年収を得ている人々よりも「早歩き」だったという。

 また、全体的に年収が上がるにつれて平均歩行速度も上昇しており、両者が比例する傾向があった。

photo 年収ごとの平均歩行速度(ドコモ・ヘルスケア調べ)

 ボーナス額と歩行速度の関係についても同様に、多少のばらつきはあるものの、金額が上がるほど歩くスピードが速くなる関係にあった。

 ただ、歩数の多さと年収には特に関係はみられず、高所得者ほど歩く機会が多いわけではないようだ。「年収が高い人ほど忙しく、その忙しさを早歩きでカバーしているのかもしれない」という。

photo ボーナス額ごとの平均歩行速度(ドコモ・ヘルスケア調べ)
photo 年収ごとの歩数と早歩き率(ドコモ・ヘルスケア調べ)
photo 「ムーヴバンド3」での早歩きの定義=プレスリリースより

追記:プレスリリースの数値に一部誤りがあったため、11/21に数値の修正を行いました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集