ニュース
» 2016年11月24日 13時31分 UPDATE

使用率95%:東京電力が節電呼び掛け 降雪影響で「非常に厳しい」

都心では54年ぶりとなる11月の降雪になった24日、暖房需要の高まりから電力需給がひっ迫、東電が節電を呼び掛けている。

[ITmedia]

 都心では54年ぶりとなる11月の降雪になった24日、暖房需要の増加などから電気の使用量が増え、厳しい電力需給状況が続いているとして、東京電力ホールディングスが節電を呼び掛けている。

photo 「非常に厳しい」24日の電力需給=東京電力パワーグリッド「でんき予報」より

 東電の「でんき予報」によると、東電管内のピーク時供給力が4967万キロワットなのに対し、午前11時〜正午に予想される最大電力は4821万キロワットと、使用率97%に達する「非常に厳しい」状況を予想した。

photo 午前9時台以降、使用率の高い状況が続いている=東京電力パワーグリッド「でんき予報」より

 実際には午前10〜11時台に4739万キロワット(95.4%)、午前11時〜正午に4566万キロワット(91.9%)だったが、午後1時10分の時点でも4697万キロワット(94.5%)と高い水準が続いている。このため、東電は引き続き節電への協力をTwitterなどで呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集