ニュース
» 2016年11月24日 18時13分 UPDATE

「e-POWER」が8割:日産の新型「ノート」、3週間で2万台受注

ガソリンエンジンによる発電で100%モーター駆動する日産の新型「ノート」が3週間で2万台以上を受注。

[ITmedia]

 日産自動車は11月24日、新型「ノート」の受注が発売3週間で月販目標の2倍となる2万台を突破したと発表した。

photo 新型「ノート」

 新型ノートは、ガソリンエンジンで発電した電力で100%モーター駆動する新パワートレイン「e-POWER」が特徴。受注のうち、e-POWER搭載モデル(税込約177万円から)が78%を占めており、「試乗を通じてe-POWERの魅力を感じる顧客が多い」という。

photo 「e-POWER」の一体型パワートレイン

 上級グレードの「e-POWER MEDALIST」(税込224万4240円)が31%を占めるほか、アラウンドビューモニターや踏み間違い衝突防止アシストなどを含むオプション「先進安全装備セット」を約70%が装着しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集