ニュース
» 2016年12月05日 17時36分 UPDATE

EVモードで走ればお得に:新型「プリウスPHV」、電力会社とポイントサービス

今冬発売する「プリウスPHV」向けに、EV走行距離や自宅充電量に応じてユーザーが特典を受けられるサービスが始まる。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は12月5日、今冬発売する「プリウスPHV」向けに、EV(電気自動車)モード走行距離や自宅での充電量に応じてユーザーが特典を受けられる「PHVつながるでんきサービス」を電力会社と共同で始めると発表した。

photo 新型「プリウスPHV」

 プリウスPHVは、自宅で充電が可能なプラグインハイブリッド車。2代目となる新型は今秋の発売を計画していたが、今冬に延期されていた。

 新サービスでは、プリウスPHVが搭載する車載通信機を活用。EVモード走行距離や自宅充電量などの情報を把握し、トヨタが電力会社に提供し、電力会社がポイントを付与。ポイントは電力料金の支払いなどに使える。

photo サービスの概要

 東北電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力、関西電力、四国電力と共同で実施する。新型プリウスPHVのユーザーにEVモードでの運転を促すほか、トヨタのコネクテッド(つながる)戦略の一環として、柱となるプラットフォームを通じた異業種連携を推進する狙いもある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集