ニュース
» 2017年01月05日 13時20分 UPDATE

CES2017で公開:トヨタ、AI活用した運転支援コンセプトカー「愛i」を発表

トヨタは「CES 2017」で、AIが運転手の感情や嗜好性を把握し、運転をサポートする技術を搭載したコンセプトカーを発表した。

[ITmedia]

 トヨタは1月5日、人工知能(AI)を搭載したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を家電見本市「CES 2017」(米ラスベガス、1月5〜8日)で発表した。 商品化に向け、今後数年以内に日本で公道実証実験を開始する予定。

photo TOYOTA Concept-愛iの外装

 感情や好みを認識する技術によってAIがドライバーの人間性を理解し、パートナーとして運転をサポートする機能を搭載。運転中の表情、動作、覚醒度、SNSの発信履歴などをもとに、ドライバーの人となりや体調を分析するという。

 分析結果をもとに、ドライバーの健康管理につなげる。具体的には、ドライバーの疲労時は、青色光の点灯、シートの傾斜の調整などによって交感神経を刺激し、覚醒状態へと導く。ドライバーの緊張時は、暖色系の光の点灯、芳香剤の噴霧などによって副交感神経を刺激し、緊張を緩和するという。

ALTALT TOYOTA Concept-愛iの内装

 また、ドライバーの好みに応じて、関心の高いニュースなどの話題をAI側から提案するなど、自動車と会話しながら運転できる機能を備えている。

 さらに、ドライバーの状況に応じて、手動運転と自動運転を切り替える機能も搭載。ドライバーのストレス状態を把握し、運転に不安を感じたドライバーには自動運転モードへの切り替えを提案するほか、路外逸脱など、ドライバーが危険な状況に陥った際は自動運転に切り替わり、自動で安全状態に導くという。

ALTALT
ALTALT

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集