ニュース
» 2017年01月27日 13時09分 UPDATE

他社の出資受け入れ:東芝、メモリ事業分社化を正式発表

東芝がメモリ事業の分社化を正式発表。

[ITmedia]

 東芝は1月27日、メモリ事業を3月末をめどに分社化する方針を正式発表した。3月下旬に開く臨時株主総会で承認を求めた上で正式決定する。

photo NANDフラッシュメモリを生産する四日市工場=東芝のWebサイトより

 原子力発電事業で数千億円規模の減損を迫られる可能性があるため、財務基盤の強化を図り、フラッシュメモリ事業を分社化して他社からの出資を受け入れる。出資はキヤノンなどが検討していると報じられている。

 分社化は会社分割で行い、三重県四日市市のフラッシュメモリ工場を含むメモリやSSDなど(イメージセンサーを除く)の開発・製造・販売事業が対象。具体的な内容は2月下旬に決定する。同事業の2015年度連結売上高は8456億円、連結営業利益は1100億円。

photo 東芝の発表

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集