ニュース
» 2017年02月01日 12時00分 UPDATE

群馬の中堅コンビニが姿を消す:セーブオン、ほぼ全店をローソンに転換

群馬県を本拠とする中堅コンビニエンスストアのセーブオンが、ローソンとのメガフランチャイズ契約の締結を発表。ほぼ全店をローソンに転換し、「セーブオン」が姿を消すことに。

[ITmedia]

 群馬県を本拠とする中堅コンビニエンスストアのセーブオン(前橋市)が2月1日、ローソンとのメガフランチャイズ契約の締結を発表。セーブオンが群馬県・栃木県・新潟県・埼玉県・千葉県で展開する501店舗と長野県2店舗を、2017年夏から18年中に順次ローソン店舗へと転換する。転換後はローソン店舗としてチェーン展開を行う。

セーブオンは現在群馬県・栃木県・新潟県・埼玉県・千葉県で展開している

 セーブオンは12年8月以降、富山県・長野県・茨城県・福島県・新潟県の5県82店舗をローソン店舗に転換していた。今回の発表で、セーブオンのほぼ全店がローソンとなる。

 セーブオンはスーパー「ベイシア」、ホームセンター「カインズ」を傘下に抱えるベイシアグループのコンビニエンスストアチェーン。本社がある群馬県と早期に進出した新潟県に店舗が多く、北関東を中心に店舗を拡大してきた。14年には全国600店舗を突破したが、富山県・長野県・茨城県・福島県・新潟県からは撤退を始めていた。(会見記事はこちら

プレスリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集