ニュース
» 2017年02月15日 17時23分 UPDATE

芯が折れない「オレンズ」も搭載:自動で芯が出続けるシャープペンシル ぺんてるが発売

ぺんてるがシャープペンシルの新製品「オレンズネロ」を発表。

[ITmedia]

 ぺんてるは、シャープペンシルの新製品「オレンズネロ」を2月16日から出荷する。ノックを1回すれば自動で芯が出続ける「自動芯出し機構」が特徴で、芯が1本なくなるまでそのまま描き続けられるという。0.2ミリと0.3ミリの2種類で、価格は各3000円(税別)。

photo 「オレンズネロ」

 ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が出てくる機構を搭載した。同様の機構が0.2ミリ、0.3ミリのシャープペンシルに搭載されるのは世界初という。

 芯が折れにくい「オレンズシステム」も搭載。芯の減り具合に合わせてペン先のパイプがスライドし、パイプで芯を守りながら書くため、0.2ミリ、0.3ミリの芯でも折れないという。

photo 自動芯出し機構と、芯が折れない「オレンズシステム」を搭載

 重量バランスや、書き心地のよいデザイン、素材などにも配慮。「時計やカメラなど道具へのこだわりが強い方の所有欲も満たす、文房具の域を超えた1本」だとしている。

photo 「こだわりの道具」感をアピール

 シャープペンシルの国内市場は高機能な新製品の相次ぐ投入で拡大しており、製図用を中心とする1000円以上の高価格帯も人気が高まっているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -