ニュース
» 2017年02月20日 12時52分 UPDATE

若手とミドル層の転職増加:転職した人の平均年齢「32.5歳」に上昇 増える40歳以上

転職した人の平均年齢が過去最高を更新。若手とミドル層の転職の活発化も進んでいる――「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス調べ。

[ITmedia]

 転職サービス「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンスによると、2016年下半期(7〜12月)に転職を果たした人の平均年齢は、16年上半期から0.2歳高い32.5歳と、07年下半期の調査開始以来、最高値を更新した。40歳以上の転職例が増えていることもあり、過去10年間では3.4歳上昇している。

photo 転職成功者の平均年齢

 職種別では、16年上半期から平均年齢が顕著に上昇したのは「技術系(医療/化学)」(プラス1.7歳の平均32.9歳)、「企画・管理系」(プラス1.5歳の平均35.2歳)、「技術系(IT/通信)」(プラス1.1歳の平均33.7歳)だった。

photo 転職成功者の平均年齢(職種別)

 年齢別では、転職を果たした人が最も多かったのは「25〜29歳」で、全体の35.8%を占めた。以下、「30〜34歳」(25.1%)、「40歳以上」(16.2%)だった。

 上半期からの伸び率が高かったのは「24歳以下」(1.3ポイント増)と「40歳以上」(1.1ポイント増)。若手層とミドル層の転職者は、直近2〜3年で大きく増えているという。

photo 転職成功者の年齢割合

 調査結果について、同社は「40歳以上の転職者の増加は、豊富なキャリアや汎用的なビジネススキルを持つミドル層を即戦力として採用したいという機運が高まっているため」と分析する。24歳以下の転職者の増加については、「入社後の教育・育成を前提に、ポテンシャルに期待した若手層の採用に積極的な企業が増加傾向にあるため」とみている。

 調査は07年7月〜16年12月にかけて、「DODA」を活用して転職したユーザー約12万人を対象に実施した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集