ニュース
» 2017年02月23日 15時44分 UPDATE

SPEJと三井物産:「アニマックス」と「キッズステーション」が共同運営に

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントと三井物産がアニメ事業を共同運営。アニマックスとキッズステーションが合弁会社の傘下に。

[ITmedia]

 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPEJ)と三井物産は2月23日、アニメ事業を共同運営すると発表した。アニメチャンネルに加え、作品製作や映像配信などを国内外で共同展開していく。

photo アニマックスのWebサイト
photo キッズステーションのWebサイト

 両社合弁で事業持ち株会社「AK Holdings」を設立。SPEJ子会社のアニマックスブロードキャスト・ジャパンと、三井物産子会社のキッズステーションを持ち株会社の傘下に置く。

 アニマックスブロードキャスト・ジャパンはCATVのアニメ専門チャンネル「アニマックス」などを運営し、有料チャンネルとしては国内最大の約864万世帯が加入。キッズステーションも子ども向けアニメ専門チャンネルを運営し、803万世帯が加入している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集