ニュース
» 2017年03月15日 15時07分 UPDATE

4扉車両に統一:東京メトロ日比谷線の新型「13000系」、3月25日から運行

東京メトロは29年ぶりとなる日比谷線の新型車両「13000系」を3月25日から運行する。

[ITmedia]

 東京メトロは、29年ぶりとなる日比谷線の新型車両「13000系」を3月25日から運行する。車内広告にデジタルサイネージを導入し、ニュースや天気予報などの情報を多言語で配信するほか、車いす・ベビーカー利用者向けのフリースペースを設けた。全車両の置き換えは2020年度中を予定している。

photo 「13000系」の仕様

 相互直通運転している東武鉄道の車両と仕様を共通化し、フリースペースと優先座席の位置などを統一。乗客の快適性を向上した。

photo 「13000系」の設備の詳細

 また、現行車両は3扉車両と5扉車両が混在し、ホームドア設置に向けた課題となっていたが、13000系では4扉車両に統一。今後はホームドアの早期導入を進めるとしている。

 ドア数の変更に伴う新しい乗車位置は、ホーム上にステッカーを貼り、行先案内表示機と構内アナウンスで車両数を告知して対応する。

photo 乗車位置ステッカーと行先案内表示器

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集