ニュース
» 2017年03月17日 13時01分 UPDATE

従業員の休憩確保:ヤマト運輸、配達時間帯を変更 労働環境の改善目指す

ヤマト運輸が、宅配物の配達時間の変更を発表。再配達の受付時間を短縮するほか、配達時間帯の指定枠を削減する。

[ITmedia]

 ヤマト運輸は3月17日、宅配物の配達サービスの内容を変更すると発表した。4月24日から再配達の受付時間を短縮するほか、6月から配達時間帯の指定枠を従来の6区分から5区分へと削減する。インターネット通販(EC)の発展によって配達物が増加し、従業員の負担が増える中で、適切な休憩時間を設けて労働環境を改善する狙いがある。

 再配達の受付時間は、担当ドライバーとサービスセンターの受付終了時刻を従来の20時から19時に。ナビダイヤルによる再配達自動受付の終了時刻は20時から18時40分、インターネット受付の終了時刻は19時40分から18時40分へとそれぞれ短縮する。

photo 再配達締め切り時刻の変更内容

 配達時間帯の指定枠は、従来の6区分から「12時〜14時」と「20時〜21時」を廃止し、「19時〜21時」を新設した5区分となる。

photo 配達時間帯の変更内容

 同社は今後も「働き方改革」に向け、従業員が働きやすい環境の構築を進めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -