ニュース
» 2017年03月23日 15時15分 UPDATE

逆からしか見えない表示など:高速道路の逆走対策、公募から28件選定 実用化へ

高速道路の逆走を防ぐ技術を公募した結果、28件を選定。18年度以降の実用化を目指す。

[ITmedia]

 国土交通省は3月23日、高速道路の逆走を防ぐ技術を民間から募集した結果、28件を選定したと発表した。同省は2020年までに逆走事故をゼロにする目標を掲げており、18年度からの実用化を目指す。

photo 錯視効果を活用して立体的に見える路面標示=ニュースリリースより

 高齢者が高速道路を逆走する事故などが相次いでいることから、事故ゼロを目指し道路、ドライバー、自動車のそれぞれでハード・ソフト両面の対策を進める方針。公募は東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社が昨年11月に受け付けを始め、82の民間企業などから合計100件の提案が寄せられた。

 公募では、(1)道路側での逆走への注意喚起、(2)道路側で逆走を発見し、情報を収集する技術、(3)車載機器による逆走車両への注意喚起──の3テーマで技術を募った。

photo
photo

 (1)では、錯視効果などを活用した路面標示や、逆走車両からだけ分かる表示板などを設置する提案、逆走車両に衝撃を与える突起物を路面に設置する路面埋込型ブレード、逆走車両を検知するレーダーと一体型の警告表示装置──など14件を選定。(2)ではレーダーやカメラによる検知手法など9件、(3)ETC2.0車載器による逆走情報提供や、Bluetoothビーコンでスマートフォンに逆走警告を送る技術など5件を選んだ。

photo

 選定された提案は、新年度から1年程度、実際の道路で検証を行い、実用化を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集