ニュース
» 2017年04月07日 15時53分 UPDATE

炭酸飲料が爽快に:めちゃ冷え自販機、アサヒ飲料が設置 従来比4度低く

庫内温度を従来から4度下げ、約1度の「強冷」で飲料を提供できる自動販売機をアサヒ飲料が設置する。

[ITmedia]

 アサヒ飲料は、庫内温度を従来から4度下げ、約1度の「強冷」で飲料を提供できる自動販売機を5月から設置する。夏場に炭酸飲料をより爽快に楽しめるといい、年内に5500台を設置する計画だ。

photo アサヒ飲料の強冷自販機=ニュースリリースより

 同社によると、ユーザーが炭酸飲料に求めているのは炭酸の強さと爽快さ。飲む温度を下げることで爽快に味わえるとして自販機メーカーに提案し、共同で開発した。

 「三ツ矢サイダー」「カルピスソーダ」「ウィルキンソン タンサン」など、炭酸飲料を中心に強冷で販売する。

photo 常温自販機も展開

 昨年には常温(約20度)で提供できる自販機も展開。身体の冷えを気にする人などにニーズがあり、3月末までに約200台を設置し、常温飲料の売り上げが約2割を占める設置先もあるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -