ニュース
» 2017年04月19日 18時53分 UPDATE

背面にモニターも搭載:「チェキ」新製品、初のデジタル化 編集・加工が可能に

富士フイルムが、インスタントカメラの“チェキ”シリーズの新製品を発表。画像の編集や加工が可能になった。

[ITmedia]

 富士フイルムは4月19日、インスタントカメラの「instax(通称:チェキ)」シリーズの新製品「instax SQUARE SQ10」を5月19日に発売すると発表した。同シリーズ史上初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載し、画質の向上と出力前の画像編集・加工を可能にした点が特徴だ。実売予想価格は3万1800円(税込)。

photo 「instax SQUARE SQ10」。左右対称のデザインを採用している

 自動での露出調整、人物検出、明暗調整、10センチまでの近距離の撮影が可能になったほか、二重露光やバルブ撮影などの特殊撮影モードを搭載。「難しい環境下でも写真を撮りたい」「色味や表現にこだわりたい」というユーザーニーズに対応したという。

 背面には液晶モニターを搭載。撮影時の構図の確認や、写真の編集・加工などに利用できる。編集・加工機能は、色味や彩度の異なるフィルター(10種類)、画像の周辺部分の光量(ビネット)調整(19段階)、全体の明るさ調整(19段階)──の3種類を備えている。

photo 10種類のフィルターによる加工の例

 サイズは、119(幅)×47(奥行き)×127(高さ)ミリ。フィルムパック、バッテリーを含んだ重量は450グラム。

 「20〜40代の、表現することが好きな方をターゲットに想定している。“チェキ”を使った作品作りを楽しんでもらいたい」(コーポレートコミュニケーション部)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集