調査リポート
» 2017年05月17日 18時45分 UPDATE

残業・社内の人付き合いはNG:「仕事よりプライベート優先」の新人、過去最多の6割超

2017年度の新入社員の傾向は?――マイナビ調べ。

[ITmedia]

 2017年度に入社した新入社員のうち、「仕事よりプライベートを優先したい」と考える人は11年の調査開始以来最高の62.4%――マイナビが実施した新人の意識調査でこんな結果が出た。7年間の増加幅は約20ポイントに上る。

photo 新人の仕事とプライベートに関する価値観

 「残業はしたくない」と答えた新入社員は、前年比3.3ポイント増の28.9%だった。「業務終了後は、できれば会社以外の人と過ごしたい」は2.7ポイント増の81.2%。いずれも過去最高の数値となり、新人がプライベートを重視する傾向が強まっていることが分かった。

photo 新人の残業に関する価値観

 社会人生活に対して不安に感じている点は、「仕事をうまくこなせるか」が、1.2ポイント減の68.1%でトップ。「上司・先輩・同僚との人間関係」が5.1ポイント減の58.1%、「環境の変化に対応できるか」が0.1ポイント減の43.7%と続いた。

 「私生活とのバランスがとれるか」は、3.5ポイント増の36.8%。前年からの伸び率が全項目の中で最も高く、新入社員がプライベートを重視する傾向にあることが裏付けられた。

photo 新人が不安に感じている点

 社会人生活に対して期待している点は、「自分が成長できる」「収入が得られる」「新しいことに挑戦できる」などが多かった。

 調査は、3月30日〜4月9日にかけて、マイナビが提供する新人研修に参加した2372人の新入社員を対象に実施した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集